『いきいき茨城ゆめ国体』ついに開幕!都道府県別の予選結果・通過ボーダー 一覧

【ぷよ速】ぷよぷよをプレイしない人向け。ぷよぷよ観戦の3つのポイント!

コラム
スポンサーリンク

公式が『国民的パズルアクションゲーム』と謳っているように、『ぷよぷよ』というゲーム自体の知名度は圧倒的だと思います。

しかしながら、賞金付きプロ大会『ぷよぷよチャンピオンシップ』などの大会が開催されているのを、いまだに多くの人は知らないと思います。

そこで、普段ぷよぷよをプレイしない人向けに、『ぷよぷよ』の試合を観戦するうえで、覚えておくとより一層楽しめるポイントを3つに絞って解説したいと思います。

ぷよぷよ観戦を楽しむ為の、3つのポイント!!

 

ぷよぷよの醍醐味『大連鎖』

ぷよぷよ観戦の醍醐味の一つといえば、やっぱり『大連鎖』でしょう!

プロ大会『ぷよぷよチャンピオンシップ』では、10連鎖以上は当たり前。時には13連鎖以上の大連鎖が飛び交います。

 

大きな連鎖を打ったほうの勝ち

まずは基本の基本ですが、『ぷよぷよ』『より大きな連鎖を打ったほうが勝ち』というゲームです。

『10連鎖』『13連鎖』では、13連鎖を打ったプレイヤーの勝ちとなります。

13連鎖

13連鎖を打つ、『瀬田凪』プロ。

 

連鎖力が勝敗のカギ

つまり、連鎖を組む能力『連鎖力』が、試合の勝敗に直結します。

だからこそ、ぷよぷよプロゲーマーたちは日々『連鎖力』を鍛え、大連鎖が打てるように練習を重ねているのです。

 

やはり、この『プロだからこそのできる大連鎖勝負』は、ぷよぷよ観戦をしていて一番盛り上がるポイントなのではないでしょうか?

 

熱い連鎖合戦の『中盤戦』

プロゲーマーたちの試合を見ていると、必ずと言っていいほど2連鎖3連鎖などの『小連鎖』の打ち合いがあります。

この『小連鎖』の打ち合いを、『中盤戦』と言います。

 

中盤戦で相手を邪魔する

『中盤戦』は、2連鎖3連鎖などの『小連鎖』『おじゃまぷよ』を送り、相手フィールドを邪魔するのが狙いです。

この『おじゃまぷよ』『色のついたぷよ』と違って、4つ繋げても消すことができず、連鎖を組むのに文字通り『邪魔』なぷよになります。

3連鎖攻撃

3連鎖で、おおよそ3段(18個)程度の『おじゃまぷよ』を相手に送ることができます。

2、3個の『おじゃまぷよ』ならば問題ないことも多いですが、上の画像の右プレイヤーほどの『おじゃまぷよ』を食らってしまうと、ほぼ勝敗が決まってしまうほどの差となってしまいます。

 

おじゃまぷよを打ち消しあう

じゃあ、相手から『おじゃまぷよ』が送られてきた時にどうするか?

実は、『おじゃまぷよ』は連鎖で『打ち消しあう』ことができます。

2連鎖に対して、同じく2連鎖を返すことができれば、『おじゃまぷよ』『打ち消しあう』ことができるのです。

そしてさらに、2連鎖に対して、それよりも大きい3連鎖を返すことで、相手の攻撃を『反撃』することもできます。

2連鎖けん制

左のプレイヤーが2連鎖で攻撃

3連鎖反撃

それに対して、右のプレイヤーが3連鎖で反撃

反撃を受けてしまう

最初に攻撃を仕掛けた左のプレイヤーが反撃を受けてしまった

このように、『相手の連鎖に合わせて、それよりも大きな連鎖で反撃する』というのが『中盤戦』基本戦術になります。

プロゲーマー同士の戦いとなると、『反撃』に対して『反撃の反撃』、またそれに対する『反撃』・・・と、小連鎖の打ち合いになることも多いです。

 

少し難しくなりましたが、『中盤戦』『ぷよぷよ』というゲームの『最も面白い』ポイントとなります。

熱い駆け引きが行われる『中盤戦』は、ぷよぷよ観戦を楽しむ為には、しっかりと押さえておきたいポイントです!!

 

『後打ち有利』の法則

単純に考えると『先に』連鎖を打ったほうが有利になりそうですが、実はそうではありません。

ぷよぷよでは、連鎖を後に打ったプレイヤーの方が有利になります。

 

どうして『後打ち有利』なのか?

連鎖を一度打ってしまうと、連鎖が終わるまで、連鎖中は何も操作ができなくなります。

つまり、『連鎖を打たれた側』自由『連鎖数を伸ばす』チャンスの時間になります。

このチャンスの時間は、数字にすると『10~15秒』程度の短い時間になります。

しかし、プロゲーマーは『10~15秒』程度の時間で、4、5連鎖やそれ以上の連鎖を組んでしまいます。

先打ち発火

右のプレイヤーが本線8連鎖を発火。この時、左のプレイヤーはまだ6連鎖。

のばし

チャンスとばかりにどんどん連鎖を伸ばす、左のプレイヤー。

伸ばして発火

左のプレイヤーが6連鎖を9連鎖まで伸ばすことに成功し発火。

受け止めきれずに敗北

左のプレイヤーの9連鎖を受け止めきれずに、右のプレイヤーの敗北。

このように『ぷよぷよ』は、連鎖を後に打ったプレイヤーの方が有利になる『後打ち有利』の法則があります。

 

ぷよぷよ観戦するときは、実は『連鎖を先に打たれたプレイヤー』のほうがチャンスなんだ、ということを理解できてると、より一層楽しめるかもしれません。

 

『3つのポイント』まとめ

普段、ぷよぷよをプレイしない人向けに、『ぷよぷよ観戦』のポイントを解説してみましたが、いかがでしたでしょうか?

ぷよぷよ観戦を楽しむ3つのポイントは、

  • より大きな連鎖を打ったほうの勝ち
  • 相手を邪魔する、中盤戦
  • 実は、後に連鎖を打つほうが有利

となります。

ここで解説した3つ以外にも、もっと『ぷよぷよ』には奥深いポイントがあるのですが、まずはこの3つのポイントに絞って観戦してみると楽しめるのではないでしょうか?

そしてやっぱり、観戦が楽しいと思ったら、実際に自分でプレイしてみるのをおススメします!!

『ぷよぷよ』『観戦』するのも面白いですが、『プレイ』するのも、もっと面白いですからね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました